東京の不動産投資事情
2017.06.26

微笑む男性人口が減っているのに不動産投資が注目されている理由は、住む人の地域が偏ってきているからです。不動産投資では、東京や神奈川が注目されています。その理由は都心部に人口がどんどん増えているので空き室のリスクを少なくすることができるからです。その中でも特に増加の傾向にある東京や神奈川が、投資家の間では選ばれています。
しかし東京の不動産物件なら、どこでも儲かるというわけではありません。やっぱり人気の地域はあるし、住んでいる人が多い分、治安の良さ、悪さで借りる側に判断されることもあります。不動産投資の知識、情報の収集に加えて、東京の不動産投資の事情も考慮して物件を選んでいく必要があります。東京に特化した不動産の情報を仕入れていくにはどのような方法があるでしょうか?
まずは不動産に関係なく、東京の地域性を調べていくことが大切です。東京で投資を始めようとしたときに、東京生まれや東京育ちの人が有利に思えますが、不動産はそれだけでは成功には直結しません。しかし、他の不動産の成功に必要な要素に加えて、土地柄を知ることは間違いなく必要です。東京に詳しい知り合いをつくる、市役所や区役所で聴く、自分の足で確かめたり、都内のさまざまな場所に引っ越したりして自分で住んでみることも有効な手段です。
次に考えられるのが、東京都に物件を多く扱っている不動産売買の業者で情報を仕入れることです。どこの業者も購入を前提とした相談なら、快く相談に乗ってくれることでしょう。しかしまだ、その業者で購入まで考えているわけではないときには相談しにくいものです。とはいうものの、一番信頼度が高く正確性があり、最新の情報を持っていそうなのは間違いなく実際に売買をしている業者です。
そこで、不動産のセミナーを、東京ではおすすめします。購入を前提としていなくても、予約さえすればどんな方でも参加をすることができます。中には東京に特化した不動産を扱っている業者もあるので、東京の不動産事情だけを知りたければ、そういった業者の不動産のセミナーを東京で参加すると、ピンポイントで情報を得られる可能性が高まります。
このように、東京の不動産事情は、日本全国から見たときに投資対象として選ばれている傾向があります。大きく収入を得られる可能性が高く、リスクを回避できる可能性も高いからです。しかしその分ライバルも多く、より有利な投資ができるように、日々、東京での不動産投資の情報収集が欠かせません。

▲ ページトップへ